こんな枕じゃ熟睡できない!最適な枕選びのコツとは?

睡眠は、人生の3分の1といわれているくらい重要な時間です。その為、枕にはより良いものを選んで使いたいです。

しかし、自分に合った枕ってどうやって選んでいいのよくわからない方も多いのではないでしょうかか。

そこでここでは自分に合った枕の選び方について解説していきます。

自分に合った枕の大きさについて

枕の大きさはお好みや体の大きさによって色々あります。ここでは用途に合わせた枕や一般的な枕の大きさをご紹介します。

一般的な大人と枕の大きさは、43×63cm」 です。
この「43×63cm」を基準に、1回り大きめの「50×70cm」、1回り小さい「35×55cm」タイプ、横長ダブルサイズの「43×120」cm、があります。

43×63cm:日本の標準的な枕の大きさです。一般的な日本のお布団にもピッタリで、人間の肩幅と枕の横幅が同じになるサイズです。市販されている枕カバーの種類も豊富で、男女ともにお使いいただけます。

35×55cm:コンパクトなサイズで、昔の枕はこのサイズが主流でした。女性やお子さまやにおすすめです。

50×70cm:包まれて眠れるような寝心地になるこのサイズは、ゆったりと余裕のある大きさです。ホテルなどでもよく使われているサイズです。

43×120:市販のジュニアサイズ枕カバーはこのサイズになります。お子さまにおすすめです

素材はどんなのをえらべいいの?

枕の中素材は、硬めや柔らかめ、フィット感、香りのするもの、通気性の良いものなどがあります。素材によって、寝心地にも影響を与えますので、素材選びは重要になっていきます。

枕の中素材

  • コルマ・ミニボール
  • そばがら
  • ビーズ
  • パイプ
  • ポリエステルわた
  • 羽根枕
  • クラッシュラテックス
  • スノー低反発
  • 低反発ウレタン

では詳しく見ていきます。 + 新規カテゴリーを追加

ビーズ

特徴
超極小の発砲ビーズ素材。発泡スチロールを小さく粒にしたような素材です。独特の触り心地で、クッションや癒し系グッズでも幅広く使われています。

おすすめなところ
なんと言っても、独特の触り心地。ビーズが不思議な感触を生み出します。また、超極小なため柔軟に変形します。

おすすめできないところ
一部改良されたものもありますが、熱がこもりやすい素材です。流動性があることにより、安定感がないと感じる方もいます。

洗い方&メンテナンス方法
水洗いはできません。ただし、王様の抱き枕シリーズなど一部商品では水洗いが可能です。 普段は風通しのよいところで陰干しをしてください。

寿命&買い替えの目安
寿命は1年~5年程度。買い替えの目安は、ビーズを覆っている生地が伸びて形を形成できなくなった時、また、ビーズがつぶれた時などです。 ビーズ自体の寿命より、それを保護するカバーや生地の寿命が早く来てしまう場合が多くあります。柔軟性・流動性に優れた素材であるため、生地への負担が増えるからです。ビーズ自体は、寿命が来たからといって、使い心地が悪くなるということはありません。

コルマ・ミニボール

特徴
コルマ素材は、中が空洞になった直径1cm程度のプラスチックボールに、2つの大きな穴が空いた形状の素材です。中素材の出し入れで高さ調整が可能です。

おすすめなところ
中が空洞で穴が空いているので、空気の通りがよく通気性に優れています。また素材の一つ一つが球状になっているので、比較的柔軟性・クッション性があり、素材の流動性もあります。

おすすめできないところ
素材がゴロゴロと動く音が出てしまいます。サイズや形状によっては底づき感があります。価格は比較的高めです。

洗い方&メンテナンス方法
水洗い可。天日干し。(直射日光OK) 水洗いが可能な素材なので、できるだけ頻繁に水洗いをしましょう。素材自体の耐久性も強いので安心です。

寿命&買い替えの目安
寿命は3年~5年程度。買い替えの目安は、素材の丸い形がつぶれた時です。 球状のため、クッション性に優れていますが、復元力がなくなり、徐々に丸いカタチが保てなくなります。1つ1つの球のカタチが崩れ、ボリューム感がなくなってきたら買い換え時期です。

そばがら

特徴
そばがらは、そばの実の殻を乾燥させた素材で、日本で古くから枕の素材として愛用されています。ズッシリと重量感があり、硬めの枕素材として分類されます。

おすすめなところ
通気性や吸湿性に優れ、寝ている間の余分な熱を外に逃がし、汗などの余分な水分を吸収してくれます。また、価格も比較的安価でボリューム感もあります。根強い人気があり、定番の素材です。

おすすめできないところ
使用しているうちに、そばがらがつぶれて粉が出ることがあります。また天然のそばがら素材の場合は、夏場、天日干しをせずに湿気の高いところで長時間保管すると、虫がわくことがあります。アレルギー、ぜん息の方にはおすすめできません。

洗い方&メンテナンス方法
水洗い不可。天日干し。(直射日光OK) 水洗いができませんので、できるだけ毎日、天日干しをしましょう。ムシが付きやすい素材ですが、天日干しをすることにより撃退できます。干す際は、枕を叩かないでください。叩くとそばがらが割れて粉が出てきてしまいます。

寿命&買い替えの目安
寿命は6ヶ月~1年程度。買い替えの目安は、そばの粉が出てきてしまった時です。 使用するにつれ、そば殻が割れ、そばの粉が出てきます。そばの粉がでるとムシが付きやすくなるだけでなく、鼻炎やぜんそくの原因になることがあります。

パイプ

特徴
ストローを細かく切ったような形状の素材です。大きさや硬さなどたくさんの種類があるのも特徴です。

おすすめなところ
通気性が抜群で、虫の心配もなく耐久性にも優れ、水洗いもできる為、いつでも清潔です。また、素材の寿命も長く、ヘタれづらい素材です。

おすすめできないところ
大きくて硬めのパイプはごつごつした感じがあります。寝返り時にザワザワとした音がすることがあります。柔らかめの枕がお好みの方にはオススメできません。また、重いです。

洗い方&メンテナンス方法
水洗い可。天日干し。(直射日光OK) 水洗いが可能な素材なので、できるだけ頻繁に水洗いをしましょう。素材自体の耐久性も強いので安心です。

寿命&買い替えの目安
寿命は3年~5年程度。買い替えの目安は、パイプを覆っている生地が切れてしまった時、パイプがつぶれた時などです。 パイプ素材の寿命は非常に長く、水洗いもできるため、長く清潔に使えます。使用しているうちにパイプがつぶれボリューム感がなくなってきたら買い換え時期です。

ポリエステルわた

特徴
枕やクッションの素材の定番です。わたのような素材で、クッション性があってふんわりとした感覚を味わえます。柔らかめの枕が好みの方におすすめですわた状の人工繊維で大きく分けて2種類の綿があります。

【コンフォロフトわた】
ポリエステルわたの中でも最も上質な特殊加工された素材です。従来のポリエステル素材より、更に通気性・クッション性に優れています。わたぼこりも出づらいのが特徴です。

【粒わた】
ポリエステルわたを粒状に加工した素材です。従来のポリエステル素材より反発性が少なく、ふんわり柔らかいのが特徴です。

おすすめなところ
ふわふわと柔らかく、ボリューム感もあります。またクッション性に優れ、軽量・安価な素材として重宝されています。

おすすめできないところ
使用しているうちに、弾力性が失われ、ボリューム感がなくなってきます。またホコリなども溜まりやすい素材です。

洗い方&メンテナンス方法

水洗いできるものとできないものがあります。水洗いできるものは、1ヶ月に1回程度お洗い方しましょう。干す際は、軽く枕を叩いてホコリを落とすか、またはレイコップのような専用道具か家庭用掃除機でホコリを吸い取ります。天日干し。(直射日光OK)

寿命や買い替えの目安

寿命1年~3年程度。買い替えの目安はヘタってきた時です。 使用していくにつれ、弾力性・ボリューム感がなくなってしまいます。ボリューム感がなくなることにより、枕の高さが低くなってきてしまいます。 また、ホコリを溜め込みやすいため、水洗いできないタイプのポリエステルわたであれば、寿命より早めの交換が理想です。

羽根枕

特徴
羽根素材は、水鳥の羽根を採取して、洗浄・消臭を施した天然素材です。贅沢なフェザーピローで上質な寝心地が特徴です。また、独特のふんわり感や高級感があります。

おすすめなところ
通気性も良く、吸湿・保温・発散性に優れているので、冬は温かく、夏は涼しいという天然素材ならではの利点があります。ふんわり柔らかな独特な寝心地で人気です。

おすすめできないところ
安価なものは、羽根素材独特の臭いがあるものもあります。また、羽根に骨があるため、枕の中から素材がでてきてしまったりすることがあります。お子様のご使用はオススメしません。

洗い方&メンテナンス方法
水洗い不可。 普段は風通しのよいところで陰干しをしてください。干す際は、軽く枕を叩いてホコリを落とすか、または掃除機でホコリを吸い取ります。

寿命&買い替えの目安
寿命は1年~3年程度。買い替えの目安は、羽根が出てきてしまった時です。 使用してしていくにつれ、弾力性・ボリューム感がなくなってしまいます。ボリューム感がなくなることにより、枕の高さが低くなってきてしまいます。また、羽根には骨があるため、羽根が枕の袋から突き抜けてしまうことがあるので注意が必要です。

クラッシュラテックス

特徴
クラッシュラテックスは、弾力性と高反発性を兼ね備えたナチュラルラテックス素材と、シンセティックラバー(合成ゴム)を粉砕した素材で、その素材を握ると、ギュッと小さくまとまり、そしてゆっくりと元の大きさに復元するユニークな素材です。

おすすめなところ
弾力性と高反発性のあるナチュラルラテックス素材を円柱状に細かく粉砕することにより、しっかりと首もとを支える弾力性を保ちながら、ふんわり柔らかな感触を実現しています。独特のフィット感があります。

おすすめできないところ
粉砕加工をしているため、素材1つ1つの形状が不規則になったり、また一部不純物が混入しています。 購入当初は、ラテックス特有のゴムのような臭いがあります。 臭いに敏感な方はご使用を避けて下さい。長年使用するにつれ、素材のボリューム感が失われて、ヘタってきます。

洗い方&メンテナンス方法
水洗い不可。 普段は風通しのよいところで陰干しをしてください。素材が片寄った場合、優しくほぐしながら、全体に広げてください。

寿命&買い替えの目安
寿命は2年~3年程度。買い替えの目安は、ヘタってきた時です。 長年使用するにつれ、素材のボリューム感が失われて、ヘタってきます。ボリューム感がなくなってきたら買い換え時期です。

スノー低反発

特徴
スノー低反発素材は、ウレタンを細かく粉砕した素材です。まるで雪のようなスノー低反発は、その素材を握ると、ギュッと小さくまとまり、そしてゆっくりと元の大きさに復元するユニークな素材です。

おすすめなところ
ウレタン素材の特徴であるモチモチ感を出しながら、羽根枕のようなふんわり包み込まれるようなフィット感を実現しました。低反発素材に比べて、通気性もあります。

おすすめできないところ
素材がかたよってしまったり、くっついてしまい、スノーのようなサラサラ感が徐々に失われます。寒いと硬くなってしまう素材です。素材の名前のイメージほど柔らかくはありません。また、初期はウレタン素材独特の臭いがします。

洗い方&メンテナンス方法
水洗い不可。 普段は風通しのよいところで陰干しをしてください。

寿命&買い替えの目安
寿命は2年~3年程度。買い替えの目安は、ヘタってきた時です。 長年使用するにつれ、素材のボリューム感が失われて、ヘタってきます。ボリューム感がなくなってきたら買い換え時期です。

低反発ウレタン

特徴
まるでマシュマロのようなスポンジ状の素材です。ゆっくり沈み、ゆっくり戻る、独特の触り心地でいま人気になっています。元々は、NASAのスペースシャトルの宇宙飛行士のために開発されました。

おすすめなところ
柔軟性に優れており、利用する方の体型や寝姿勢に合わせて形状を変えるので、フィット感があります。また体圧分散効果もあり、負担を軽減させます。

おすすめできないところ
寒くなると硬くなる特性があります。逆に夏などは熱がこもりやすく、ムレやすいという難点があります。また水洗い出来ないものがほとんどの為、清潔に保つのが難しい素材です。最近ではこれらを改良した素材も登場しています。

洗い方&メンテナンス方法

水洗い不可。 普段は風通しのよいところで陰干しをしてください。低反発ウレタンは、小さな気泡が連続している特殊な構造をしていま す。そのため空気の出し入れをすること、つまり枕を利用する ことにより、空気の出し入れが行われ、清潔に保つことができます。なお、低反発素材は、水洗いはできません。水にぬれた場合は、水が潤滑油の働きをするため、低反発ウレタンフォームの戻りが速くなります。また湿った状態の場合、強度が低下し、素材が破れやすくなりますのでご注意ください。

寿命&買い替えの目安
寿命は6ヶ月~3年程度。買い替えの目安は、復元性がなくなり元の形に戻らなくなった時、また、汚れた時、ウレタンが黒くなった時などです。 利用するにつれ、低反発ウレタンの特性であるモチモチ感がなくなり、反発性・柔軟性も徐々に失われます。このことにより本来の体圧分散効果などが失われてしまうことがあります。また特性上、素材の色が少しずつ黄色く変色しますが、寿命とは関係がありません。モチモチ感がなくなったり、形が崩れてしまったりしたら買い換え時期です。

枕の高さについて

枕を選ぶときに、高さはとても重要です。
枕が高すぎると、肩こりや首筋の痛みや首が無理な形に曲がる原因になります。
また寝起きの頭痛を引き起こすこともあります。

逆に枕が低すぎると、寝付きが悪くなったり頭に血が上りやすくなるので熟睡の妨げになることもあります。次項では枕の高さを選ぶ基準と傾向をご紹介しております。

性別による傾向

一般的に女性は低め、男性は高めを好む傾向があるようです。男性の場合2~5cm(使用時)、女性の場合1~3cm(使用時)程度です。この違いは、女性の方が比較的首の深さが浅いためです。

使い慣れた枕による傾向

今まで柔らかめ素材が入った枕を長年使用していた方は低め、硬めの素材が入った枕を長年使用していた方の場合は高めを好む傾向があります。

体型による傾向

細め体型の方は低めをがっちり体型の方は高めを好む傾向があるようです。また運動をする習慣がある方の場合は、背骨のS字カーブがしっかりしていることが多いため、高めの枕を好む傾向にあります。

結局は好みや感覚が大事!

仮に同じ体重や同じ体系の人でもその人に合う枕は違ってきます。枕の高さは好みにより、大きく左右します。結局は自分のフィーリングに合った枕を使い事が大切になってきます。